バージョンアップ情報

RRI Analyzer2

【2019/05/22 RRI Analyzer2 v2.0.27 バージョンアップのお知らせ】

◇変更内容

・一部のWHS-1で、設定書き込み時にインジケータが回ったままになり、設定できない不具合を修正しました。
・解析項目別にグラフ表示した際、リアルタイム計測中のグラフにデータが入っていない場合にスクロールバーが
 表示される不具合を修正しました。
・2件以上のデータが表示されている状態で解析項目別にグラフ表示し、スクロールバーを移動すると、別のグラフの
 時刻が反映されてしまう不具合を修正しました。
・WHS-1管理画面で、センサ登録名が見切れてしまうことがある不具合を修正しました。
・WHS-1設定画面で、設定書込・登録後に別のセンサを接続すると前のセンサの設定情報が表示される不具合を修正しました。
・WHS-1設定画面で、モードによりチェックボックスが表示されなくなる不具合を修正しました。
・ファイル名に使用できる文字列を変更しました。
・WHS-2アプリで取得したPQRSTデータが読み込める不具合を修正しました。
・WHS-2 「myBeat」 アプリ / 「myBeat WHS-2」 アプリで取得したCSVファイルの読み込み判断基準を変更しました。
・WHS-1のメモリデータを読み込んだ際の時刻の計算方法を変更しました。

▽変更前
①2019/04/01 09:55:44.000, 1331
②2019/04/01 09:55:45.331, 723
  2019/04/01 09:55:46.054, 745

⇒ ②行目の時刻を作成する場合: ①の時刻+①のRRIで計算※

▼変更後
①2019/04/01 09:55:44.000, 1331
②2019/04/01 09:55:44.723, 723
 2019/04/01 09:55:45.468, 745

⇒ ②行目の時刻を作成する場合: ①の時刻+②のRRIで計算※

※WHS-1のメモリデータの仕様上、補正が入る為、厳密にRRIの積算にならない場合がございます。

ユニオンツール株式会社オフィシャルサイト

WINフロンティア株式会社Lifescore

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ